岩手

北上済生会病院

北上済生会病院内において168名の職員が働いており、地域の医療施設と連携を取り、より良い医療を実施しています。外来患者は381.9名います。医療機関を必要とする患者へ納得の行く医療を行っています。多くの病院で取り入れている10:1を用い、看護師長を始めとし、新人ナースもチームワークを重視した看護が行われています。

盛岡赤十字病院

盛岡赤十字病院は、岩手県盛岡市三本柳6地割1-1に建てられています。464床の病床をがあり、患者とナースとの壁がない看護を提供しています。看護方式はミスのない医療を目指し固定チームナーシングを採用し、看護師は勤務しやすく、患者には質を考えた看護を進められるような環境を進めています。

岩手医科大学附属病院

岩手医科大学附属病院内のベッドは1166床です。ナースと患者との間の思いやった会話を大切に思う病院です。顎顔面補綴/抗悪性腫瘍剤感受性検査(SDI法)/(自らその全部を実施する保険医療機関)抗悪性腫瘍剤感受性検査(HDRA法又はCD-DST法)/超音波骨折治療法/肝切除手術における画像支援ナビゲーション/(他の保険医療機関に対して検体の採取以外の業務を委託して実施する保険医療機関)先天性難聴の遺伝子診断/内視鏡的大腸粘膜下層剥離術/腹腔鏡下スリーブ状胃切除術/頸部内視鏡手術 甲状腺濾胞腺腫、腺腫様甲状腺腫、バセドウ病又は原発性上皮小体機能亢進症/ラジオ波焼灼システムを用いた腹腔鏡補助下肝切除術 原発性若しくは転移性肝がん又は肝良性腫瘍/パクリタキセル静脈内投与(一週間に一回投与するものに限る。)及びカルボプラチン腹腔内投与(三週間に一回投与するものに限る。)の併用療法 上皮性卵巣がん、卵管がん又は原発性腹膜がん/パクリタキセル静脈内投与、カルボプラチン静脈内投与及びベバシズマブ静脈内投与の併用療法(これらを三週間に一回投与するものに限る。)並びにベバシズマブ静脈内投与(三週間に一回投与するものに限る。)による維持療法 再発卵巣がん、卵管がん又は原発性腹膜がんを行っており、看護師は先進医療の治療の学習につながります。オーバーワークしない7:1を導入しています。看護師長や新人ナースまでチームワークを重んじた看護が行われています。